Page: 1/3   >>
乾坤一擲
0
    冬季オリンピックを見て思うこと。
    いかに練習を重ねに重ねたとしても、最終的には、乾坤一擲、一か八かの勝負に賭けることになるのだと。
    成功の確率には、常に失敗の確率を孕んでいるのだと。
    結局は、失敗を恐れずに挑むしかないのだな、と。
    それにしても、危険な競技が多いなぁ。
    | alz-design | 09:16 | comments(0) | - | - | - |
    いよいよ開眼、か?
    0


      オイヅがゴルフを始めたのは、今から35年ほど前。練習場に通うでもなく、コーチを受けるでもなく、コースに出るのは年に一度か二度、しかも、ここ7、8年はクラブに触れることすらなかった。
      盛岡には、すでに自由人となり、ゴルフ同伴者に飢えた同級生が待っていた。5月29日の帰郷記念ラウンドは、123という、人生初ラウンドと同レベルであった。
      あれから4か月、週2日以上の練習場通い、月2回以上のラウンドを経て、ある結論に達したのである。今週の金曜日は、それを確認するためのラウンドである。
      帽子のツバに「ビビるな!そして、脱力。」と書き込んで。
      | alz-design | 08:28 | comments(0) | - | - | - |
      銀と銅
      0


        最後に負けて銀メダル。
        最後に勝って銅メダル。
        どちらも金メダルに届かなかった
        にも関わらず、
        後者の方が誇らしげにしている。
        どうもそのように見える。
        | alz-design | 17:14 | comments(0) | - | - | - |
        品川神社
        0


          仮庵から戸越銀座を抜け、大井町、池上通りを経て青物横丁から旧東海道。
          新馬場付近の国道沿いに品川神社がある。
          50段あまりの石段を登り、本殿左手奥の阿那稲荷に一粒万倍の水を発見。
          千円札を洗い、財布にしまった。
          | alz-design | 06:59 | comments(0) | - | - | - |
          天才は妬まれる
          0
            花巻東高校の千葉選手には敬意を表したい。
            逆に、高野連のクレームにはブーイングだ。

            ファール打ちは、明らかに技術である。
            それを禁じるのであれば、
            変化球、敬遠、盗塁、バント、スクイズ、みんな禁止、
            特に監督からのサインなど言語道断。

            千葉選手、どうかグレずに大人になってほしい。
            君は天才である。
            天才は必ず妬まれる運命にある
            ということがわかっただけでも収穫だと思おう。
            | alz-design | 20:30 | comments(0) | - | - | - |
            ◯◯ばなれ
            0


              若者のクルマばなれが増えているとか。
              環境を汚したくない,事故を起こして人を傷つけたくないという。
              さらには、必要性を感じない、クルマそのものに魅力がないという。
              全く,その通りだと思う。
              オイヅの子らは運転免許証さえ撮ろうとしない。
              まあ、それはいい。
              彼らの考え方に半分以上賛成だから、それを嘆いたりはしない。

              冒頭に若者という言葉を使ったついでに、
              いくつか◯◯ばなれについて嘆いておこう。

              酒ばなれとタバコばなれ。
              酒もタバコも20歳からと言われ、少年の頃には禁じられていた。
              オトナになるまでの辛抱だが、禁を破る快感、オトナへの憧憬には勝てないものだ。
              オトナになれば、大手を振って飲酒喫煙ができるのに。
              紫煙の彼方からアイデアはやってくるのだよ,と。
              居酒屋は、フェイスブックだったりするんだよ,と。
              「酒場馴れ」も必要なんだよ,オトナには、と。

              麻雀ばなれ。
              社会や会社の不条理や仲間であり敵である他人と、どう向き合うか。
              逆境から、いかにして立ち直るか。
              常勝もなければ、常敗もない、無常の世界をどう生き抜くか。
              人生における、あらゆる意思決定に必要な想像力、洞察力、判断力、平常心、...。
              小さな挫折を味わうことのできる、優しい,奥の深いゲームなんだよ、と。
              これもまた、オトナになるためのいい教材なんだよ、と。

              | alz-design | 11:05 | - | - | - | - |
              2011ダービー前夜
              0
                明日は日本ダービー、あいにくの雨らしい。オイヅが初めて買ったダービーの馬券は、1988年、第55回、今から、23年前のこと(らしい)。 2着に来た6枠メジロアルダンから、内側へゾロメを含め5点流したものの、2枠(1着のサクラチヨノオー)を買わずにはずした苦い思い出がある。昨年は7-18の予想に対して、1-7-8という皮肉な顛末。そうそう当たるものではないが、かといって外すために買っているのではない。今年は皐月賞1、2着馬のサダムパテック、オルフェーブルの2-5で。前者は「スイスの時計メーカー」、後者は「金細工師」の意味だとか。ものつくり日本復興、平泉の世界遺産。いい取り合わせかもしれない。

                | alz-design | 20:55 | - | - | - | - |
                女房の初渡航
                0
                   驚かないで聞いてね、という前置きの後に長々と経緯を聞かされ、何に驚いていいのか分からなくなったころ、本題。29日から韓国へ行くことになったという。女房からの電話であった。彼女曰く、あんたはロンドンとベルリンに行ったことがあり、息子はパリ、娘はバリ島、バンコク、韓国などへ遊びに行っているし、あたしだけ、日本の外へ出たことがない。永年勤続表彰を受けた友達夫婦に誘われて、此度の韓国行きとなった、というわけだ。驚くところはどこにもない。興味の対象は人それぞれ。海外旅行には何の興味もないオイヅにとって、どこだろうが行きたければ行けばいい。まあ、よがったじゃん(You gotta chance!)と思っていたら、どこぞの馬鹿が韓国に砲撃。いきなり緊張の対象となった朝鮮半島だが、行くと決まった以上、行くらしい。って、今日の午後便で韓国仁川空港入りしたらしい。遺言は、盛岡の部屋の食卓の上にあるという。そこまでしてれば、無事に帰ってこようというものだ。まんつ、無事に帰ってくることを祈る。あ、このことは極秘事項らしいので、他言無用で願いたい。
                  | alz-design | 23:54 | - | - | - | - |
                  2010菊花賞
                  0
                    初めての九州は仕事で行ったせいもあり、堪能できたわけではない。次回はプライベートで行きたいものだ。さて、出張2日目の24日は菊花賞。東スポ(九州では九スポか?)を買うこともできず、かのカリスマ予想屋SSの◎(後日調べたところ、3番クォークスター9着だったらしい。)を確認できないままの投票となった。一番人気、10番ローズキングダム(武豊)は外せないと見て、神戸新聞杯3着の6番ビッグウィーク、ちょっと気になる1枠1番ヒルノダムール、2番レーヴドリアンとの馬連、三連複1-2-6-10のボックスとした。なんと、1着6番、2着10番、3着12番、4着2番。馬蓮6-10で21.7倍が的中。それはそれでいいんだけど、しかあし...。3着12番?ああ、なんてこと、三連複6-10-12だなんて。数字は合っているんだけどねー。さてさて、明日は天皇賞。SSの本命は14番ネヴァブションときた。こちらは3番ジャガーメイルから、馬連で1、2、11、14へ。それから、忘れずに12番へも。それからそれから、馬蓮11-14と三連複3-11-14と1-2-3で勝負する。ほんとか?

                    | alz-design | 20:55 | - | - | - | - |
                    2010秋華賞
                    0
                      某カリスマ予想屋SSの予想(Tスポ)を参考にしている。オイヅの知らない故事や社会情勢を引いて穴予想を展開するのだが、ほぼ毎回のようにスカッと当たらない。したがって、彼の予想の裏を買えば見事に当たろうというものだ。だがしかし、結果はさらにまたその裏というか、SS とオイヅの間を縫うようにやってくる。先のスプリンターズステークスでSSは、2頭いた香港馬のうち、前哨戦に勝利した馬に◎。ならば、香港馬は消し、としたところ、もう1頭の香港馬が逃げ切り勝ち。そして秋華賞。穴予想のプライドを捨てたSSは、あろう事か大本命1番人気の馬に◎、前哨戦の勝ち馬を無印とした。ならば、前哨戦の勝ち馬は目に入れるとして、◎をなににするか。などと思い悩んで勝負したが、結果は1番人気が1着、前哨戦の勝ち馬が2着という結果。ツキは射幸心を嘲笑うようにすり抜けてゆく。ああ、勝負には純粋に挑みたいものだ。

                      | alz-design | 21:41 | - | - | - | - |

                      Calendar

                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>

                      Profile

                      Recommend

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Archives

                      Category

                      Link

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode