Entry: main  << >>
臆病な脳
0
    月曜の晩に、ちょっとだけ硬いものをちょっとだけ無理をして食べたところ、左下の奥歯の内側が欠けてしまった。
    欠け所が悪く、鋭利な刃物のようになったその部分は、喋ろうとしたり食べようとしたりするきに触れる舌にただならぬダメージを与える。
    舌はその激痛を恐れ、じっとしていたいと訴える。
    それに従うと、喋ることも食べることも、水を飲むことも口をゆすぐことも躊躇することになり、ほぼ沈黙と絶食の火曜日を過ごした。
    水曜日の午前中に休みを取り、主治医近藤先生の元へ。
    おかげさまで窮地を逃れることができたが、その後遺症か、上手く喋れるようになるまでしばし時間を要した。
    痛みの記憶を引きずるとは、臆病な脳の仕業か。。
    | alz-design | 08:41 | comments(0) | - | - | - |
    Comment








    Calendar

      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    Profile

    Recommend

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode