Entry: main  << >>
開眼という錯覚
0


    いわゆる開眼というやつだ。斜め読みで生意気な話だが、エッセンスが多すぎるというのは本末転倒だ。「ゴルフの真髄」は実に良い本であるが、オイヅもそれほど馬鹿ではない。真髄があれこれあるはずがない。100頁からの「正しいスイングとは」、108頁からの「アプローチショット」、137頁からの「ボールの位置とスイング」、296頁からの「自分の真の力を知る」。これら4項だけで開眼は可能だ。今週末にその実験が待っている。
    おそらく、それらはゴルフに限ったことではないように思う。
    | alz-design | 18:50 | comments(0) | - | - | - |
    Comment








    Calendar

        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    Profile

    Recommend

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode